うろんに雑記
ものすごい勢いで雑記。漫画仕事の話題がお目当ての方はTOPからリンクされてる仕事情報でどうぞー。

やっぱり私は雪女が一番怖い

がはこです。意外と目覚めはよくてお部屋の片づけができました。すっきり。

 

全然関係ないんですが飯降山というまんが日本昔話でやってた話がありまして、ざっくりとかつうろ覚えの流れは

 

猟師さんが出会った若い・中堅・とても柔和な笑顔のベテランの尼さん(猟師さんは「信心深いとこんな笑顔になれるんだな」と感心する)たちは冬山に修行に行く様子。猟師さんは心配げに見送ります。殺生ができない厳しい食料事情で尼さんたちがくじけそうになっていると空から3つのおにぎりが降って来て、三人はありがたくそれを食し修行に励みました。

 

ある日若い尼さんがたき火の後と鶏の骨を見付け、ベテランさんに「中堅さんが殺生をして腹を満たしているのでは?」と相談しました。ベテランさんは中堅さんを呼びに行き「そんなことはしていない」と憤る中堅さんに「三つのおにぎりを二人で分けないか」と唆し若い尼さんを二人で殺してしまいます。

 

二人はわくわくしながら三つのおにぎりが降ってくるのを待っていましたが、おにぎりは二つしか降って来ず二人は落胆します。さらにその後ベテランさんはおにぎりを二つ食べたくて中堅さんを殺してしまいます。そしてとうとうおにぎりは一つも降って来なくなりました。

 

修行が終わる春になり、猟師さんの元に現れたのは山姥のような姿であの笑顔を浮かべるベテランさんのみでした。おわり。

 

っていう話で「結局殺生してたき火で鳥食べてたのはベテランで、このベテランはずっとそういう風に生きていて、柔和な笑顔だろうと悪人は悪人である」みたいな教訓かと思ってたんだけどネットでその話題してるとこ見たら色々別の憶測が飛び交っていてマジかってなったし、担当してたのがいがらしみきお先生だと知ってまたマジかってなりました。昔話はおもしろいね。

 

なんか吉作落としとか有名な怖い回も本放送か再放送で見たのかわからないけどおぼろげに覚えてて怖かったなぁって思うけどやっぱりアタイのナンバーワンは雪女ですね。なんでだろう。

- - - がはこ
<< NEW TOP OLD>>